FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告

NTR

2013/09/10 (火) 21:14:32






以前、このブログや写メ日記の方でも
チラッと紹介した『寝取られ』という性癖。



あれ以来、「実は僕も... 」と、
その願望を話してくれる人が意外と多く
嬉しい驚きを感じていたのですが

ついに先日、
リアルに寝取られを経験したことがある
というツワモノに出会いましたので、
彼から聞いたその興奮のお話を少し
紹介させてもらいますね。




彼、仮にNTR君(30) としましょう。


今から3~4年ほど前の話。

当時、彼 NTR君には
6年間付き合っていた彼女がいました。

が、ある日突然、
その彼女に別れを切り出されます。


まぁ どれだけ長く付き合おうと
別れというものはいつかやってくるもので...
青天の霹靂にうちひしがれつつもNTR君は
泣く泣くその別れを受け入れることにしました。


そして、一週間...二週間と経ち、
まだまだ傷心癒えぬ中で
一通のメールが彼の携帯に届きます。


送信元は別れた彼女で、
『昨日はすごい燃えたね♡』
というような内容文と共に
なにやら写真も添付されてある。



おもむろに
そのメールを開けてみてみると、

そこには
かつて付き合っていた彼女と
見知らぬ男がセックスをしている
衝撃的エロ写真が...




?!!!




何が起こったのか
すぐには理解できませんよね
きっと...

体は固まったまま全身の毛穴から
変な汗が吹き出てくるのを感じていると
またまた彼女からのメール受信。

『ごめん、さっきのメール
 間違って送っちゃった!』


さすがに今度は
一体どういうことなんだと反応すると、

実は別れた彼女には
すでに新しい彼氏ができていて、
その彼へ送るはずだったラブラブメールを
間違ってそっちへ送ってしまったのだ、と

そういうことだったようです。




マジかよ...


ふざけんなという怒りと共に
やるせなさが溢れ出し
泣きそうになるNTR君。

自分と別れたいと言ったのも
たぶん、その新しい彼氏の存在が
あったからだったんだな、と
さらに辛い現実を知ることとなり
ショックを隠しきれません。

傷ついた心に粗塩をたっぷりとすり込まれ、
さらにそこを金ダワシでガッシガッシと
こすられるような耐え難い仕打ちに
NTR君のボロボロになった心は...もう...
もう............










.........ん?





でも......あれ??



この感覚...

この気持ち...



なんだろう、





嫌いじゃない俺がいる?






???




































!!!




\ ドドーン / ←波の音

20120719213017411.jpg


の、瞬間ですね。

まぁまだその時、自分のおかしな性癖に
気づいていたかどうかは分かりませんが、
モヤモヤした何かは
感じていたんじゃないでしょうか(・∀・)

嫌な気持ちや苦痛や辛い事などの
一般的に言われるマイナス感情を
皆が皆、嫌いとは限らないもんです。
(そこが変態たる所以ですが)



・・・



そんなことがあった数ヶ月後、
なんと彼女からまた連絡がきます。

そして、ホテルへ呼び出されます。


訝しがりながらも
男としての期待感ゼロではない
複雑な気持ちでホテルの部屋へ入ると
そこにはかつて付き合っていた彼女

と、

新しい彼氏の姿が。



( ゚д゚) …エッ!?



間違いメールに一緒に写っていた
例の彼氏です。


この寝取られストーリーを
すべて操っていたのはたぶん
彼女の新しい彼氏なんじゃないかな、と
NTR君は話しておりました。

間違いメールをワザと送るところから
このストーリーは
始まっていたんじゃないか、と。



・・・



ホテルの部屋の中には
かつて好きだった自分の元彼女、
その彼女が今好きな恋人の男性、
そして、自分.......の三人がいて
なんとも言えない
異様な緊張感を漂わせている。


ここで一体何が行われるのかと言えば
もうお分かりかと思いますが
そうですお待ちかねの
寝取られセックスです



しかし残念なことに
この話しを聞いたのは限られた時間の中
NTR君とプレイをしながらだったので
具体的なセックス内容すべてまでは
聞ききれませんでした...(T_T)(T_T)



ただ、

二人のまぐわいを
見せつけられる

のはもちろんのこと、

二人の結合部を
舐めさせられ
たり、

新恋人のチンコを
しゃぶらされ
たり、

それはそれはもう
壮絶なひとときだったそうですよ。

((( ∋∀∈ )))((( ∋∀∈ )))((( ∋∀∈ )))



femdom.jpg



ふふふふふふ
どーですかこんなんっ!!

まるでエロ小説のようなことを
実際に経験してるとか
たまらんですよねぇぇぇ((( ∋∀∈ )))



NTR君の古傷をえぐりながら
泣きそうになっている彼の姿を見て
そっと秘肉を濡らした私でした



tumblr_ma84hk4S541ry0vtbo1_500.jpg



エキサイティングなひとときを
過ごせたことに心から感謝しつつ、
NTR君のこれからの健やかな性生活を
願ってやまないのであります。


でも、

もっと歪んで欲しいと願う気持ちも
なきにしもあらず。これ本音(∂∀∂ )



アッパレ
trackback (0) : comment(-) B級Y談
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。