FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告

ペニバン師匠

2014/04/02 (水) 16:41:06




前略 覚えていますか?


88.jpg






このブログを
最初の方から読んでいるコアな人だったら
もしかして覚えているかもしれませんが



泣く子は黙り、
肛門ニストは逆に鳴く、
と言われる
ペニバン...ジェニーンのこと

JaninesLeatherUltraharness1.jpg

全長20cm直径3.8cm、
その可愛らしいピンク色のルックスを武器に
男子の門戸を開放させてしまうという噂の
小悪魔ペニ子さん...

ANIKIの回とホモ奴隷調教の回に登場し、
今もなお活躍している現役選手であります。






そんなジェニーンとの
出会いにまつわる話や
その他ペニバンのよもやま話、

そしてなにより

ペニバンを愛するペニバニスト氏との交流を
少し紹介させてもらいたいな、と

今回はそういう日記であります(・∀・)










彼との最初の出会いは、
実にもう数年前のことになります。


黒い大きなボストンバッグを持って現れた
休日のパパ的な身綺麗なひとりの男性。

最初は少しオドオドした様子でしたが、
おもむろに持っていたボストンバッグを開けて
中から何か大きな塊のようなものを出して
デーンっと無造作に置きました。

それが、ペニバン(ディルド)
だったんですけどね。

USサイズの巨大なやつでした。



((( ゜▽゜*)))



エロに対する好奇心が旺盛な私は
こんな感じで目がキラキラしてたと
思います(笑)


ナニコレ!!デッカッッッ((( ゜▽゜*)))


それはまだ私に鼻クソほどの
ウブさが残っていた頃のお話...




さらに

変態紳士は、バッグの中から
なにやら箱を抱え出して
「これあげるね」と、
私に手渡してくれました。


ジェニーンです



さながら、
二人だけのペニバン授与式・・・
私とジェニーンの
初めての出会いの瞬間でもありました

それはもう嬉しかったよねぇ〜

(^ω^)(^ω^)(^ω^)



早速、ジェニーンを箱から出し、
ほのかなゴム臭を感じる
下ろしたてのペニバンを
自分の腰に装着してみました。


ヤベーーーす これテンション上がるっ!!


素直な感想でした。
3歳児の男の子が変身ベルトを着けた時と
ほぼほぼ同じ気持ちだったと思います。



これが、私とジェニーンとの出会い。










それから様々な歴史を重ねまして
(詳細は省きます)

先日、数年ぶりに
そのペニバン師匠とも呼ぶべき彼と、
感動の再会を果たすことができしました。


しばらく見なかった師匠は、
修羅の道を歩いてこられたのか
ますます逞しくなっておられ・・・

IMG_6160.jpg


ボディーハーネスを着けて来られた師匠に
ボンデージギアも装着して差し上げた図。



それを前から見たところ


IMG6129.jpg

すべて革製です。



改めて見ると
インパクトありますね〜

夜道では絶対会いたくないです(笑)





ちなみにこのハーネスは

股間部分にもちゃんとリングがついていて
大事なところももれなく
拘束できるようになっております。


ちょちょっとアソコをアレして大きくすると
そのリングがギチギチと根元を締めつけ、
イタタタ状態になってしまうという優れもの。

IMG6131.jpg


イタタタ状態。



師匠は、ペニバニストであると同時に
こういったボンデージ系も嗜まれる、
変態の鏡であります
勉強になります押忍






さて、

ビジュアルで愉しんだあとは
いよいよホンマルの登場っ
てコトで


いでよ、巨大ペニバン!!


師匠が普段愛用しているという
ジェニーンに似たデザインの
ピンク色のペニバンを装着し、

師匠の目の前に仁王立ちする私。



巨大ペニバンを心から愛する師匠は、
ペニバンを上と下、両方の口で堪能されます。

まずは
そのディルドを上の口へと押し込み
口いっぱいになったディルドをかき回します
フガフガする師匠。

それでもまだ足りないとおっしゃる
師匠の頭を両手で掴み、
ディルドを喉元まで突き立ててあげます

苦しそうなくぐもったうめき声と
マスク越しでもわかる涙目(笑)

ああ、ここまで
ペニバンを愛しているのかと思うと
いじらしくなりますねっ(゜▽゜)


そのあともジェニーンに履き替え、
感動の涙と苦し涙がまじり合う
再会のハードフェラは続きます。




そして

上の次は下へ・・・というコトで
今度は師匠の菊門を叩き道場破りを。

またもジェニーンを深々と飲み込む師匠...

ジェニーンもさぞかし喜んでるだろうな
と、しばし感慨にふける私...(´ー`)

生まれ故郷へ帰ってきたというかね、
鮭が荒波を越えて生まれた川へ戻ってきた
みたいな感じ?

鮭に怒られるかもしれないけど(笑)





プレイに夢中になっていたので
その時の様子は
写真におさめられませんでした





隙を見て
なんとか撮ることができたのが
これ。

IMG_6132.jpg

射精できるペニバンです。

これは師匠持参のやつで、
元々スポイトからチューブを通って
液を出すタイプのものですが、
もっと大量に出るよう少し改造されてます。

今回の中身は牛乳

サラサラな液体じゃないと
細いチューブの通りが悪いので
射精させる液には注意が必要です


これを師匠の喉奥までねじ込み、
ドクドクと大量に流し込みます。
途中、むせようがおかまいなしに
強制牛乳顔射!

なかなかカオスな状態でしたね・・・
師匠じゃないとできない気がします(笑)



・・・



そんなこんなで

ひととおり楽しんだあとは
私のペニコレ(ペニバンコレクション)を
師匠に見せて品評会してみたり〜
師匠オススメのサイトを教えてもらったり〜
ああだこうだとファイルを広げてお茶しながら
ペニバン話に花を咲かせていました。



まるで
広大な草原にサンドイッチと紅茶を広げて
ランチピクニックしてるような、そんな
清々しい気分で・・・( *´`*)(*´`* )









というワケで

師匠とペニバンと私
部屋とYシャツと私


私 しか合ってなかったわ
どうすんだこれ




・・・




最後まで読んでいただき
ありがとうございました

次のY談はもうちょっと
ソフトなやつにします・・・

(;・`ω´・ )




trackback (0) : comment(-) B級Y談
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。